中国と日本!!国が違えば"キレイ"のスタンスが違うのは当たり前♪ | 株式会社J LINK INTERNATIONAL公式サイト
toggle
2016-08-13

中国と日本!!国が違えば”キレイ”のスタンスが違うのは当たり前♪


IMG_20160812_1

8月上旬に上海で行われた日本製品展示会に、当社のOMNISTも出展してきました♪

隣のかわいこちゃんは、お手伝いしてくれたカンさん♪
初めて立った中国展示会が恥ずかしくて、最初モジモジ(笑)していた私を横目に、
OMNIST代表の私もビックリの声掛け&集客!!!

私も負けじと下手くそな中国語で参戦
『欢迎光临!!(いらっしゃいませ~)看一下!!(ちょっと見てってください~)』

ポスターもパネルも手作りしていきました♪

IMG_20160812_5

ちなみに、中国の女性をじーーーっくり観察した結果、こんなことに気づきました★

①眼鏡が多い(=コンタクトにしない)
②黒髪&ストレートが多い(=パーマやカラーや巻き髪が少ない)
③ネイルや化粧が薄い(=マツエクやジェルネイルはあまりしない)
④スニーカーやフラットシューズが多い(=ヒールをはかない)

大昔、私が初めてヒールを履いた時に足が痛くて泣きそうになっていたら、先輩から「オシャレは我慢してナンボ!何年履こうが私だって痛いw」と慰めて?頂いたことを思い出しました(笑)

「多少の我慢をしても、ちょっとくらい無理をしてでも少しでも綺麗に!!!!!」
私が知る限り、日本女性への「執念」ともいえる美への努力は世界トップクラスです。(ただときに無理をしすぎていないか、それで心が疲れてしまわないのか心配にもなるのです・・・)

それに対して中国現地の女性はとてもナチュラルで、「自分らしく生きたい、無理はしない」という意識が表れているようです。(もちろん個人差はあります)

ただ、これはあくまでスタンスの違いであって、彼女たちももちろん美しくなる努力はしていると思います!だって、「キレイになりたい」という願いは万国共通ですから★

IMG_20160811_1

OMNISTの一番の特徴は100%食材由来の美容液ということだったのですが、
実は一番好評だったポイントがオールインワン化粧品であるということでした。
日本では当たり前のオールインワンでも、中国ではまだまだ浸透していないようで、
今後確実に広がっていくだろうと予想しています!!

やはりスキンケアにも「無理せず綺麗になりたい」といった概念が反映されているようです♪

 

そういえば、なぜか会場のあちらこちらに「くまもん」が登場し、アイドル並みのファン&取りまきを獲得しとりました★きっと上海の皆様の熊本地震への応援の気持ちなんだと思っております。

IMG_20160812_3

観光はゼロ時間でしたが、今回の出展では多くの収穫がありました♪
「美しくなること」への想いや価値観は、やはり文化生活習慣と密接に結びついてるように思います。
中国の現地の女性たちの生の声に耳を傾けることで、彼女たちが何を求めてるのか、どういう風に生きていきたいのかに触れることができ、とっても勉強になりました。

そういえば、OMNISTの公式WEBサイト、スマホ対応になってリニューアルしてますので、よかったらちょっと覗いてみて下さいね♪

omnist公式サイト

★オムニスト公式WEBサイト→ http://omnist.jp/


関連記事